ニュース

肥後医育塾公開セミナー

令和2年度 第3回公開セミナー「知っておきたい次世代がん治療」

【座長】
熊本大学病院 病理診断科 教授
三上 芳喜

『座長あいさつ』
病理組織診断はがんの個性診る重要ステップ


  「2人に1人がなる『がん』を正しく知ろう」を年間テーマとした3回シリーズの最後となる今回は、「がんゲノム医療」を取り上げます。
 ゲノムとは生物の設計図≠ニもいわれる遺伝子情報(DNAの塩基配列)全体を指し、ゲノム医療はがんの遺伝子を調べることにより、効率的で効果的な治療を目指すものです。
 がんゲノム医療は2019年から始まり、熊本大学病院としては、これまで以上に県内医療機関との連携が重要になっています。
 がんにはそれぞれの個性があります。病理組織診断は、がんの診断とともに、その個性である「かたち」を診る重要なステップです。本日は、がん細胞の遺伝子検査で分かることやできること、がんゲノム医療における病理診断、ゲノム医療について知っておくべきことについて3人の先生方にお話しいただきます。