振興会紹介

トップページ > 振興会紹介|組織と役員構成

組織と役員構成

理事長挨拶
理事長

 今日の熊本地域医療は熊本大学医学部、医療教育機関、ならびに熊本県近傍の医科・医療系大学の教育、研究、診療によって支えられていると言っても過言ではありません。このような現状に鑑み、日進月歩の現代医療を熊本県民に提供する医療機関に対して協力、支援する組織が必要となっていました。さらに、県民に対する適切な医学・医療啓発活動の重要性も高まる一方です。また、医学における各専門分野の研究も高度になり、医学・医療関係者の国際交流により、より適切な医療の提供が求められています。
 このような観点から、平成 8年5月、熊本大学医学部創立百周年を機に、細川藩の再春館創設以来250年に及ぶ肥後医育の伝統を基にして、熊本の医療を支える財団法人肥後医育振興会が設立されました。以来、熊本での医学教育や研究を助成し、地域医療の向上と住民の健康増進を図るための努力をかさねてまいりました。

 その13年余に及ぶ努力が実り、肥後医育振興会は平成21年12月21日に熊本県の公益法人認定を受け、平成22年 1月 4日に公益財団法人肥後医育振興会に脱皮することができました。公益法人は、税制面で皆さまのご支援を受けやすくなる一方で、一層の公益活動の義務を負うものです。このことは、皆様方と当公益財団との間により強固な結びつきをもたらす可能性を秘めたものでもあると思います。

 今後は、熊本県公益財団法人認定第一号の栄誉を汚すことなく、熊本の医育のためにさらなる努力と工夫とを重ねたいと存じますので、ますますのご支援、ご鞭撻をお願い申し上げます。

財団組織図
財団組織図
代表理事
西 勝英(理事長)、山本 哲郎(副理事長)  
評議員
(第3期)
【任期】 選任の日から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時評議員会の終結の時まで(平成29年6月19日〜平成33年6月開催の定時評議員会まで)
平成30年6月18日以降
安東 由喜雄 熊本大学大学院生命科学研究部長
池田 泰紀 熊本市健康福祉局長
泉  薫子 熊杏会理事、下通り心身医療クリニック院長
入江 徹美 熊本大学教授大学院生命科学研究部
宇佐美 しおり 熊本大学教授大学院生命科学研究部
浦田 健二 熊本県歯科医師会長
片渕 美和子 元 熊本保健科学大学教授
神田 晴生 熊本県薬剤師会長
坂崎 浩一 熊本県理学療法士協会長
坂本 不出夫 熊本県医師会副会長
嶋田 晶子 熊本県看護協会長
園田 寛 熊本市医師会長
橋 毅 国立病院機構熊本医療センター院長
竹屋 元裕 熊本大学理事・副学長
田中 信次 熊本県臨床検査技師会長
谷原 秀信 熊本大学医学部附属病院長
田 賢一 熊本大学教授大学院生命科学研究部
中尾 浩一 済生会熊本病院長
永田 敦 一般財団法人恵和会理事長
西小野 昭人 熊本県放射線技師会長
濱田 泰之 熊本中央病院長
馬場 太果志 熊杏会理事、東熊本第二病院長
平田 稔彦 熊本赤十字病院長
藤好 建史 杏龍会会長、藤好クリニック院長
森  孝志 熊本大学医学部医学科後援会長
評議員現在数25名(定数20〜30名)(五十音順)
理事
(第5期)
【任期】 選任の日から2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時評議員会の終結の時まで(平成29年6月19日〜平成31年6月開催の定時評議員会まで)
平成30年3月13日以降
理事長 西 勝英 熊本大学名誉教授
副理事長 山本 哲郎 元 熊本大学教授大学院生命科学研究部
  荒木 栄一 熊本大学教授大学院生命科学研究部
  植田 勉 元 (株)熊日輸送センター社長
  宇宿 功市郎 熊本大学教授医学部附属病院医療情報経営企画部
常任・事業 遠藤 文夫 くまもと江津湖療育医療センター総院長
常任・財務 尾池 雄一 熊本大学教授大学院生命科学研究部
  小野 友道 熊本大学名誉教授
  甲斐 髞 (株)肥後銀行代表取締役会長
  片渕 秀 熊本大学教授大学院生命科学研究部
常任・広報 木原 信市 熊本大学名誉教授
  興梠 博次 社会保険大牟田天領病院長
  早野 恵子 熊杏会理事、熊本託麻台リハビリテーション病院
  福田 稠 熊本県医師会長
  二塚 信 熊杏会会長
常任・庶務 松下 修三 熊本大学教授エイズ学研究センター長
理事現在数16名(定数13〜18名) (五十音順)
監事
(第3期)
【任期】 選任の日から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時評議員会の終結の時まで(平成29年6月19日〜平成33年6月開催の定時評議員会まで)
平成29年6月19日以降
栗谷 利夫 税理士法人近代経営 代表税理士
馬場 啓 桜樹法律事務所 弁護士
監事現在数2名(定数2名)(五十音順)
事務局長
永田 正次