ニュース

肥後医育塾公開セミナー

平成31年度 第1回公開セミナー「食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、じんましん、薬疹」

【座長】
熊本大学大学院生命科学研究部
皮膚病態治療再建学講座 教授
尹(いん) 浩信

『座長あいさつ』


   アレルギー疾患というのは非常にありふれた病気ですが、年々患者さんの数が増えています。2014年にはアレルギー疾患対策基本法が国会で成立し、同年公布されました。以来、国と都道府県、病院が連携してアレルギー疾患の診療、教育、研究の展開を進めています。熊本県には「県アレルギー疾患医療連絡協議会」があり、そこでアレルギー疾患の診療、教育、研究を進めているところです。
 本日の講演会では、アレルギーの病気のうち、アトピー性皮膚炎、じんましん、薬疹、食物アレルギーに焦点を当て、4人の先生にお話を伺うことになっています。アレルギーの診療・治療は発展し、新しいことがたくさん分かってきました。そこで、新しい治療がどんどん進められていることや、可能な予防法についてもご紹介したいと考えています。